時には、失踪してみますか(笑)

NHKプレミアムドラマ「全力失踪」。

その前の「定年女子」に続いて、楽しく見ています。

主人公の磯山武は、妻子や同僚・上司から下に見られて、

何ともやりきれない状況に加え、借金に追われる日々。

ひょんなことから、7年間行方不明だった人間は死んだものと

みなされるということを知って、完全失踪を企てます。

新しい人生を手に入れるんだ、というわけですね。

どこへ行こうか? 自分の居場所がどこかにあるはず

ドラマは、1話完結で、

フーテンの寅さんのような旅先での人情物語になっています。

やり手じゃないけど、人間として信頼できる、すごくいい人な磯山が、

旅先では、家族の問題を解決する「いい仕事」をしています。

ドラマは毎回、磯山が借金取りに追われて走り逃げる場面で終わります。

「どこかにある本当の自分の居場所を探して」とかなんとか。

「どこかに本当の自分の居場所なんてあるんかい」と

私は内心突っ込んでいるのですが、磯山が言っていました。

「(慣れ親しんだ生活を)捨てるのは怖かったけど、

捨ててみたら自分らしく自由になれて良かった」と。(うろ覚えです)

番組のスタッフブログには

「自由の意味、家族のあり方、生きることの本質を、 真正面からではなく、ちょっとナナメから問いかける」とあります。

ここで生きるしかないと窮屈な思いをしているなら、無理をして頑張るより、

たまには(象徴的な意味で)失踪してみるのも、いいかもしれません。

長期休暇を取って旅行したり、

研修やボランティアに個人的に参加したりする。

そこで、いつもなら出会わない人と出会い、

いつもと違う時間の使い方をしてみると、

「ここしかない」と思っていた場所や状況が相対化されますし、

新しい役割を経験して、自分を再発見できるかもしれません。

「ここ」にもどってきた時、余裕をもって自分らしく

いられるようになりそうですね。

磯山はといえば、8回シリーズで残りは3回。

どんな結末になるのでしょうか。


おすすめの投稿
最近の投稿
アーカイブ
山川純子(やまかわじゅんこ)

有限会社インタリスト

 

2018年4月より休業中です。
お問い合わせは、メールにて
願いします。

メール: info2@interist.com

  • Twitter - White Circle
  • Facebook - White Circle

サイトマップ

Ⓒ2017 Interist .All rights reserved.