時には、失踪してみますか(笑)

NHKプレミアムドラマ「全力失踪」。

その前の「定年女子」に続いて、楽しく見ています。

主人公の磯山武は、妻子や同僚・上司から下に見られて、

何ともやりきれない状況に加え、借金に追われる日々。

ひょんなことから、7年間行方不明だった人間は死んだものと

みなされるということを知って、完全失踪を企てます。

新しい人生を手に入れるんだ、というわけですね。

どこへ行こうか? 自分の居場所がどこかにあるはず

ドラマは、1話完結で、

フーテンの寅さんのような旅先での人情物語になっています。

やり手じゃないけど、人間として信頼できる、すごくいい人な磯山が、

旅先では、家族の問題を解決する「いい仕事」をしています。

ドラマは毎回、磯山が借金取りに追われて走り逃げる場面で終わります。

「どこかにある本当の自分の居場所を探して」とかなんとか。

「どこかに本当の自分の居場所なんてあるんかい」と

私は内心突っ込んでいるのですが、磯山が言っていました。

「(慣れ親しんだ生活を)捨てるのは怖かったけど、

捨ててみたら自分らしく自由になれて良かった」と。(うろ覚えです)

番組のスタッフブログには

「自由の意味、家族のあり方、生きる