変わらないモノはないという感慨 ~ソニービル営業終了のニュースに触れて

銀座といえば、〇〇。

銀座4丁目和光

私にとって、ソニービルはこの丸の中に入るものの一つでした。ですから、ソニービルが昨日で一旦営業を終了したというニュースを聞いて、また銀座も変わっていくなと、寂しく思いました。

人は変化を好まない保守的な生き物であると聞きます。

私は、どちらかと言えば、好奇心も旺盛で新しもの好きなのですが、年齢を重ねて少々保守的になってきたのかもしれません。経験や思い出を大切にしたくなる気持ちは、私だけではなく多くの人がお持ちのことでしょう。

変化を先取りする、少なくとも変化についていくということは、仕事をしていくうえで、欠かすことができない態度であると、最近は特に強く感じるようになってきたことが、変化に遅れがちになっている自分を示しているように思います。

センチメンタルな感慨に少しの間ひたった後は、

気持ちを切り替えて、変化を喜び、新しいソニービルの竣工を

楽しみに待つことにいたしましょう。