着実に技術に磨きをかけて。小さな積み重ねが大きな変化に至る

今回の先達:佐野曜子さん(53歳)、佐野猛さん(56歳)

(ガラス作家、 Glass Studio SANOSANO主宰)

聴き手:山川純子(ライフキャリアアドバイザー/捨てるキャリアコンサルタント)

前編は「プレッシャーを感じ続けた創作活動。50歳を過ぎてようやく独自の境地に

佐野家の愛犬バウと猛さん

曜子さん:能登のガラス工房で働いているうちに、自分の作品を創りたいという欲が出てきました。そう思ったときに、きちんと基礎を学びたいと考えて、ふたりでオーストラリアに留学しました。作品を創ったりレポートを書いたりしているうちに、ガラス作家としてやっていけそうだという自信を得ることができました。

猛さん:そこで学んだ表面加工の技術が、じっくり物事に取り組む曜子さんのペースに合っていたんでしょうね。そこでは、技術を学ぶだけではなく、なぜガラスに携わるのか、どんな作品を創りたいのかということもしっかり考えさせられるんです。それも良かったと思います。「織の器」の技術は、すでに在学中に完成されていたと言えるかもしれません。

曜子さん:確かに、ずっと同じようなことをしてきましたが、そのコアになっているのは、オーストラリアの大学院で学んだことですね。

Q.同じようなことといっても、傍からは、作風が変化し続けているように見えますよ。

曜子さん:変化を感じていただけているとしても、それはほんの小さな違いにすぎないんです。私としては、大きな変化にチャレンジするよりも、同じことを淡々と続けていきたい。そして、元気なかぎり作品を創っていきたいですね。

猛さん:何かを表現したいと思ったときに、それを実現できる技術を持っているかどうかは大事なことです。私は、新しい技術にチャレンジしても一定のところまでやると飽きてしまうのですが、同じことを長くやり続けることで作品が大きく変化するということを曜子さんから見せられて刺激を受けています。