プレッシャーを感じ続けた創作活動。50歳を過ぎてようやく独自の境地に

今回の先達:佐野曜子さん(53歳)、佐野猛さん(56歳)

(ガラス作家、Glass Studio SANOSANO主宰)

聴き手:山川純子(ライフキャリアアドバイザー/捨てるキャリアコンサルタント)

富山でガラス工房を営む佐野ご夫妻。曜子さんとは、会社にお勤めされていたころから30年来のお付き合いです。東京近郊のギャラリーでおふたりが作品展を開くときには、都合がつけば足を運んできました。

数年前の曜子さんは、これからの方向性に迷って少し疲れているような様子が見受けられたのですが、昨年お会いした時には、これまでにない作風のガラス器も手掛けられ、「まだまだやれるわ」と爽やかな表情でおっしゃいました。

この間にどのような変化を経験されたのかお伺いしたく、おふたりにインタビューを申し込みました。

Q.前々回と前回とでは、お会いした時の様子がずいぶん違いますが、この数年で仕事の仕方や考え方に変化がありましたか?

曜子さん:そんなに違って見えましたか。自分では気づいていませんでした。

数年前といえば、体調が良くなかったのに、仕事も家事も完璧にこなそうとしてうまくいかず、気分にも大きな波がありました。猛さんにもあたったりして、大変だったんじゃないかな。

猛さんのように新しいことにチャレンジしなければと思い続けてきたのですが、どこかで自分の可能性を諦めたというか、私は私のやり方をしていこうと思ったんですね。

猛さん:4年前、自宅に工房を併設して、3年前に犬を飼