何が起きても悲しむ必要なし。圧倒的な武器を持つことが次につながる

今回の先達:山崎隆司さん(62歳)

(ラッキーコーヒーマシン株式会社 取締役営業統括本部副本部長

/一般社団法人アリーナスポーツ競技会 理事・事務局長)

聴き手:山川純子(ライフキャリアアドバイザー/捨てるキャリアコンサルタント)

前編は「出向、転籍。一時は落ち込んだけれど、50代は幸せなキャリアだった

富士山を背景に快走する新幹線。まい進するキャリアの象徴として

Q:そうすると、不本意な出向から始まったスポーツ業界でのキャリアは、順分満帆だったわけですか?

山崎さん:実はそうでもないんですよ。ストレスから、2回も十二指腸潰瘍で入院したことがあります。事業の企画提案では負けはなかったんですが、M&Aした会社の再建では良い結果を出せませんでした。それに、転職するということは、まったく文化が違う会社で働くということですから、信頼を得るまでに時間がかるし、特有の企業文化に慣れるにも時間がかかります。。

Q.そうでしたか。そのようなご経験を通して、逆にご自身の強みを意識できたり、身心に負荷をかけ過ぎない働き方を見出してこられたんでしょうね。

40代からは徐々に体力の衰えを感じて、若いころの延長線上にキャリアの方向性を描きにくくなる時期ですが、40代、50代の方々に何かメッセージを頂けませんでしょうか?

山崎さん:今振り返ると子会社への出向は、全く悲しむ必要はなかったと思います。与えられた場所でしっかり仕事をしながら、圧倒的な自分の強みを見つけ、それを磨き続けることが大切です。

スポーツ産業は、総売り上げが1兆円に達していない発展途上の