出向、転籍。一時は落ち込んだけれど、50代は幸せなキャリアだった

今回の先達:山崎隆司さん(62歳)

(ラッキーコーヒーマシン株式会社 取締役営業統括本部副本部長

/一般社団法人アリーナスポーツ競技会 理事・事務局長)

聴き手:山川純子(ライフキャリアアドバイザー/捨てるキャリアコンサルタント)

どちらを選ぶべきか、キャリアの分岐点

プランドハップンスタンス(計画された偶然あるいは計画的偶発性)理論。

これは、米国はスタンフォード大学のクランボルツ博士が提唱したキャリア論の1つです。

キャリアは決して自分の思い通りになる訳ではなく、ときに偶然が左右することがあります。想定外のできごとを楽しみキャリアの発展に活かす、積極的に偶然を呼び込むことで人生の質が高まっていくという考え方です。

プランドハップンスタンス理論は机上論ではなく、成功者のキャリアを実証的に分析し、導き出された理論です。今から10年以上前に私が米国の学会でクランボルツ博士の講座に参加した際、「この中で社会人になったときに自分が考えていた通りの仕事を今もしている人はいますか?」という問いかけがありましたが、誰の手も上がらず、ここに計画的偶発性理論の汎用性が証明されたということがありました。

今日ご紹介する山崎隆司さん(62歳)は、プランドハップンスタンス理論を体現された方のおひとりではないかと感じました。自動車メーカーからスポーツ業界へ、そして今は、食品関連の企業の役員としてご活躍されています。

休日にはベンツを乗りこなし、日本全国を営業開拓の仕事で飛び回っていると聞くと、華麗な転身を遂げられたように外からは見えますが、出向の内示で落ち込んで自暴自棄になったり、環境の急激な変化で体調を崩し、入院もしたそうです。

さて、山崎さんが歩んだキャリアを振りかえってみましょう。