生産性、創造性を高め、欠勤率、離職率を下げるには?

もっと よくなれる.

社員が幸せになると、生産性や創造性が高まり、欠勤率や離職率が下がるというデータが、ポジティブ心理学や幸福学の研究から出てきています。

●自分の強みを活かして成長実感を得ること、

●チームメンバーとのつながりを感じること、

●前向き、主体的に取り組めること

などが幸せを感じる要因として挙げられています。

これらの要因に影響を与える要素として、

●個人の仕事への取り組み姿勢や考え方

●チームでの仕事の進め方、コミュニケーションの取り方

●人材育成や組織活性化に対する会社の取組み方

が考えられます。

「健康経営」の一環として社員の幸福度(働きがい)に注目し、生産性や創造性の向上、欠勤率や離職率の縮小に取り組んでみませんか。

 
 
 
ヒアリング、お見積りは無償です。お気軽にお問い合わせください。
 

メッセージを送信しました